紫外線が肌に与える影響

美肌の大敵、紫外線が肌に与える影響で一番大きなものではしみの原因になるメラニン色素を作り出すことがあります。

また、新しい肌の細胞を作る基底細胞を傷つけ、健康な肌作りを妨げたり、肌の弾力を奪ってしわやたるみの原因になります。

また、紫外線により老化促進物質の活性酸素が発生して、肌のバリア機能が低下し肌が乾燥したりくすんだりします。

紫外線は美肌にとって悪いだけではなく、皮膚がんや光線過敏症など身体の免疫機能が低下することによって引き起こされる病気を誘発する可能性もあります。

スポンサード リンク