にきびとは?

にきびとは肌の角質が厚くなり、毛穴がつまって皮脂が外に出なくなるとできてしまいます。

毛穴に皮脂がつまってしまうので面が少し黄色っぽく見えます。これが進行すると、先端に白っぽいかたまりができて白にきびになります。

皮膚の表面に出てきた皮脂が酸化したり汚れが付着すると黒にきびになります。さらに皮脂が詰まってしまった毛穴の中で細菌が繁殖して赤く腫れ、触ると痛みがあるのが赤にきびです。赤にきびは進行すると炎症が皮膚の真皮層にまで広がって化膿し、膿にきびになってしまいます。膿にきびになると皮膚の毛包が破壊されて皮膚にクレーターのような穴があきます。これがにきび跡となって残りやすくなります。

また、背中や胸などにできるにきびの原因として、マラセチアというカビ菌が毛包で増殖してにきびのような発疹になることもあります。

スポンサード リンク