にきびができた時の洗顔方法

美肌の大敵にきびができた時の洗顔方法で気をつけることは、できてしまったにきびに刺激をあたえないことです。

無理にゴシゴシこすったりすると、にきびに雑菌が入って化膿してしまったりさらに悪化させることになります。

洗顔の時はにきびの部分を泡で包み込むようにやさしく洗うことが大切です。

また、ファンデーションや強い日焼け止めなどを肌につけている時にはダブル洗顔をしましょう。ファンデーションなどの油分はクレンジング剤でしっかり落とさないと、毛穴に油分が残ってしまい、にきびの原因になります。

クレンジング剤を使ってファンデーションを落とした後は、洗顔料でさらに残った油分や汚れをきれいに洗い流しましょう。

にきびのない美肌のためには、毛穴に汚れが残らないよう肌に負担をかけずに洗い残しがない洗顔方法を心がけることが大切です。

スポンサード リンク