にきびとスキンケア

にきびができてしまったら、普段のスキンケアをもう一度チェックしてみましょう。

必要以上に強いクレンジング剤や毛穴パックなどを頻繁に使用していると、皮脂を取りすぎてしまいそれを補おうとして逆に皮脂の分泌が盛んになりすぎてしまったり、肌を乾燥させ、肌荒れを起こしたりします。

肌の乾燥を防ごうと油分の多いクリームや乳液などを使いすぎると、これもにきびのできる原因となり悪循環になります。

自分の肌の状態を知って、皮脂の分泌の多いところには油分を与えすぎないように気をつけ、収れん化粧水などで肌を整え、乾燥しがちなところには保湿分の多い化粧水や美容液などで水分を補うなど、その時の自分の肌の状態に合ったスキンケアが必要です。

スポンサード リンク